肌のたるみの原因

肌のたるみは、どんな人にでもできものです。若い頃はたるみがなくても、加齢と共に徐々にたるみが多くなります。実年齢以上に老いて見える原因が、肌のたるみにある場合もあります。なぜ、人間の肌はたるみが出たり、しわが増えるのでしょう。まぶたのたるみは顔の中でも特に気になります。歳を取るとまぶたの皮膚が伸びて垂れ下がります。脂肪の減少も、まぶたのたるみの原因のひとつです。下まぶたの脂肪を支えていた筋膜がゆるむことによって目の下のたるみも起こってきます。たるみは顔の様々な部分にできますが、ほうれい線にできるたるみは、周辺の口の脂肪が失われていることや、筋肉が皮膚を支えきれなくなるためです。あごのたるみは、あごを支えていた筋肉が弱まったために、脂肪が下に下がるためです。首周りの皮膚は、年と共にたるむかどうかは普段のお手入れ次第です。手入れいかんで、随分と差が出るそうです。たるみが目立つのは、首周りの筋肉や皮膚は使うことが多いためです。肌が下に垂れさがらないように支えていた筋肉や脂肪が年をとって少なくなると、たるみが目立つようになります。肌を支えている物質であるコラーゲンやエラスチンの減少が、肌のたるみの原因となります。若いうちは豊富にある物質ですが、老化や女性ホルモンの減少によって、コラーゲンも減り、コラーゲンを繋ぎ止めているエラスチンももろくなってしまいます。若い頃は常に存在していたヒアルロン酸や皮下脂肪は、年を取ると徐々に少なくなっていき、皮膚のかさが減ってたるみが目立つようになります。皮膚の乾燥が進んだり、皮膚を支える筋肉が減ることで、肌のたるみが年を取ると増してくるのです。